トップ / 母乳育児をすることのメリット

母乳育児のメリット

母乳育児をすることのメリット

赤ちゃんを母乳で育てるメリット

赤ちゃんにとっての唯一の栄養源であるミルクは、母乳がよいとされていますが、具体的には母乳育児をすることにはどのようなメリットがあるのでしょう。母乳育児には赤ちゃんとママの両方に大きなメリットがあります。それぞれに順に見てゆきましょう。

まず、赤ちゃんにとって母乳は成長のために必要な栄養素のすべてが入っている完全栄養食品です。体の組織を作るたんぱく質や活動の元になる脂肪分、乳糖などの栄養素の他にも、ビタミンやミネラル、酵素や、免疫物質なども含まれています。赤ちゃんが成長するためのすべてがまるでキットのように備わっているのです。

このため、母乳で育った赤ちゃんは免疫力が高いので病気にかかりにくく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にもかかりにくいと言われています。また、腸内細菌もママから受け継ぐことができるので、ビフィズス菌が多い腸内環境が作りやすいというメリットもあります。さらに、母乳で育った子は太りにくいと言われています。また、母乳を吸うのは哺乳瓶よりも力がいるので、赤ちゃんの顎の発達を促し、脳によい刺激を与えるそうです。

ママにとっても母乳育児のメリットは沢山あります。赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激によって、オキシトシンというホルモンが分泌されますが、このホルモンの影響で子宮の収縮が速やかに起きて産後の子宮の回復が早くなります。また、体型も元に戻るのが早くなります。この他には、乳がんや子宮がん、卵巣がんなどの罹患率が下がるという統計もあるそうです。

赤ちゃんとママの双方によい点は、親子のコミュニケーションを図る時間が増えるという点です。粉ミルクに比べて、母乳は消化がよく授乳の回数が多くなります。また、哺乳瓶でミルクをあげる姿勢より、ママと赤ちゃんの密着度がはるかに高くなるので母子の信頼関係が高くなると言えるでしょう。