トップ / 母乳育児のリスクを最小限にする

母乳育児のメリット

母乳育児のリスクを最小限にする

母乳不足等のリスク回避

栄養面をはじめとして、母乳育児には色々と粉ミルクには替えられないよさがあるので、母乳育児を希望するママは多いと思います。粉ミルクがなかった時代には誰もが母乳で赤ちゃんを育ててきたわけですから、それほど気を使う必要はないかもしれませんが、リスクを最小限にするために気をつけておきたいポイントを挙げてみましょう。

母乳で赤ちゃんを育てるということは、赤ちゃんの摂る栄養分のすべてをお母さんの体の中で作る。ということです。まず覚えておきたいのは母乳が出なくなった時の備えが必要だということです。お母さんの体は機械ではありませんから、体調を崩したり、どうしても薬を飲まなくてはいけなくなることもあります。すると母乳の量が減ったり、出なくなったり、またはあげたくてもあげられない場合も出てくるのです。

母乳以外のものを一切あげない育児を完全母乳育児といいます。母乳で赤ちゃんを育てたい人は、完全母乳育児を目指している方が多いのではないかと思いますが、なんらかの理由で母乳があげられないという事態になることは十分にありえますので、その時に備えて最低限、粉ミルクと哺乳瓶を常備しておきましょう。母乳があげられないからといって、赤ちゃんは大人の食事をすることはできませんから、その時に備えて常備しておきたいという意味です。

また、母乳育児は素晴らしいことですが、母乳以外のものをあげないということにあまりこだわりすぎるのは考えものです。完璧な完全母乳育児をやり抜こうとこだわると、それがママのストレスになってしまいます。ストレスが原因で母乳不足になってしまうと本末転倒です。必要に応じて粉ミルクに助けてもらおう。くらいのスタンスで育児に臨んだ方がよいと思います。

また、母体が健康であってこそ十分な母乳が出るわけですから、母乳不足を防ぐためにも健康的な生活、食生活を心がけるようにしましょう。順調に母乳が出る状態であれば、乳腺炎など乳房のトラブルも起きにくくなりますので、消化の悪いものや油っぽいものを控えるなどして、母乳の質が良くなるよう意識しましょう。

赤ちゃんと授乳を介してコミュニケーションができるのは短い期間です。母乳育児をどうぞ楽しんでくださいね。